六角水とは「六角水構造は不老長寿の妙薬」

mn41

六角水とは
平成6年度の厚生省の統計では、目・耳・鼻・のど・気管支・肌など身体のどこかにアレルギーを持つ新生児は、なんと4割にも達するという報告がなされています。21世紀をになう子供達は本当に大丈夫なのでしょうか。この現象は何に由来しているのでしょうか。全博士が提唱する六角水(六分子体)と五角水やその他の分子構造体とは実際に差があります。一例として比熱をとりあげてみますと、六角水は五角水よりも比熱が大きく、六角水のほうがパワーが大きいことが分かっています。さらに酵素活性を調べた実験もあり、六角水の存在比率の高い雪解け水と普通の水を小麦の脱水素酵素の活性で比べると普通の水に比べて雪解け水は明らかな酵素活性があるといいます。
これは六角水の存在比率の高い構造化された水は細胞の生理活性を正常に保つ方向に働く可能性を示唆するものです。体の60〜70%が水であることから分かりますように生体分子は水に取り囲まれているといってもよいでしょう。例えばタンパク質や核酸、多糖類といった生体高分子が生体内で安定な状態にあるのは、水の層に取り囲まれているからです。ここで、よく引用されるタンパク質のまわりの水の状態をみましょう。タンパク質のまわりの水分子の状態には少なくとも2つの異なった状態があります。1つはタンパク質にくっついている水分子(A層)で、その回転運動(一方向に回転している運動ではなく、でたらめに絶えず変化する運動)の速さは10のマイナス6乗秒で、もう1つはこの層の外側にある水分子(B層)で、水分子は10のマイナス9乗秒くらいの速さで回転運動をしています。図の中のC層は純水と同じ状態です。
純水中の水分子の熱運動と比べてみますとA層の水は100万分の1、B層の水でも1000分の1も運動が遅くなっています。
タンパク質が生体の中でアミノ酸から合成されて丸まった形(三次構造)になると、それまでそのまわりをすごい勢いで飛び回っていた水分子が、いっせいにタンパク質に飛びついて、ほとんど瞬間的にタンパク質の表面を水の膜で覆ってしまいます。これがA層の水で、A層に接しているB層の水分子の運動はその影響を受けて水分子は動きにくくなります。こうしてタンパク質は固い水の殻と、その外側の弾力性のあるおおいによって囲まれているわけです。ところが、ここにカリウムイオンや水道水に多く含まれている塩素イオン、尿素などがあると水の保護作用がくずれることがあります。
尿素は食べ物のタンパク質が体内で分解されるときに生じるものですがタンパク質水溶液に多量に溶かしますと、B層の水分子は尿素分子の作用によって運動の速さが10のマイナス9乗秒からマイナス12乗秒に増えます。
そのためA層に対する水分子の衝突の頻度が増し、結果としてタンパク質分子は激しい運動にさらされ、もはや本来の三次構造を保つことができず、バラバラにほぐれてしまいます。さらに進むと、タンパク質の変性が起こってしまいます。以上のことから尿素やカリウムイオン、塩素イオンが多量にあると体の機能が維持できなくなることが生体水の変化によっても理解できます。ではカルシウウムイオンがあると、どうなるのでしょう。この場合は尿素などがある場合とは逆に、A層の水もB層の水も運動が遅くなります。全博士はカルシウムイオンのように体積が小さくその電荷が大きいイオンの場合イオンの周囲の水の構造は強化される方向にあることからカルシウムイオンのようなイオンを構造形成性イオンと呼んでいます。
カリウムイオンや塩素イオンのように、イオンの周囲の水の構造を弱体化するイオンは構造破壊性イオンというわけです。
アルカリイオン水には構造形成性イオンが多くなっています。このイオンが多くなると水分子の自由度が減少し動きにくくなるわけですが、これは六角水が増加していることでもあるのです。血液中のpHは7.3から7.4に厳しくコントロールされており0.1狂っても死に至らしめるものであり、アルカリ性が良いというのは0.1の範囲内の話であることにすぎません。
むしろアルカリイオン水を飲み続けることはあまり感心できることではないのです。また、ガンや高血圧、糖尿病などに対して、カルシウムイオンや多糖体、ビタミンCが利用されるのも、これらが構造形成性であることからも説明できるといわれています。カルシウムなどの働きも、そのものが持つ生体機能に対する化学的作用だけでなく少なくともカルシウムイオンと水との物理的作用についても考えていかなければ水の多面的な働きについて理解することはとうてい不可能であると思います。いずれにせよ、水は六分子構造体、つまり六角水が、そのほかの構造水より体によいことは間違いない事実のようです。
六角水はブラックシリカとアマギ抗化石で作る事が出来ます。


六角水が作れる天城抗火石とは

静岡県伊豆の天城山麓で産出される天城抗火石は、その昔伊豆半島の天城山系の噴火により黒曜石が火山活動の水蒸気爆発で10000万度以上の超高温で熱せられた「気泡ガラス質の石英粗面岩」です。通水性・通気性に優れ排水処理、浄水装置等にも使用されております。大気や表土に触れて急激に冷めたため中の成分がガス化し空砲状(スポンジ状)になった多孔質天然セラミック。学術名は石英粗面岩。成分は珪酸7377%、アルミナ1315%、石灰12%、苦土0.650.77%。 この天城抗火石が放射能を減衰させる効果があるかもしれないと期待されいま実験が重ねられている段階です。

六角水が作れるブラックシリカとは
ブラックシリカは北海道桧山郡上ノ国町に流れる天の川上流でしかとれないとても珍しい国の法定鉱物指定の天然鉱石です。地球が誕生してから数億年の間に珪藻類が堆積し地表に隆起したと推定されています。天然ミネラルをたくさん含み又、遠赤外線とテラヘルツを初めとする色々な活性波動を放射し発散するのが一番の特徴です。地表で生まれた物質の数倍という力で太陽エネルギーを吸収し半永久的に放射するという事を繰り返します。常温で世界唯一遠赤外線を98%も放射し又、マイナスイオンも放出し協力な除菌効果や消臭効果をもたらします。


ブラックシリカの新聞報道


アイヌの人たちも癒しの石として利用していた不思議なパワーを持つ神秘の鉱石 ブラックシリカ
1万円以上、送料代引き手数料無料!
沖縄・離島の方は1万円以下1,900円・1万円以上1,000円の送料となりますのでご了承下さい。
クレジットカード・銀行振り込み
代金引換(現金・商品到着時にクレジットカード決済・デビットカード)よりお選び頂けます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
銀行振込をご選択いただいたお客様へ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
商品注文後7日以内に下記の口座にお振込みください。
ご指定日または入金確認日より10日以内にヤマト運輸にてお届けいたします。
北海道銀行東山支店 普通預金0638422
エコサイエンス 中村正行

(エコサイエンス なかむらまさゆき)


ブラックシリカ健康館/ブラックシリカ専門店・健康食品販売
042-0942 北海道函館市柏木町29-8 TEL 0138-86-9977/FAX 0138-56-1748

[商品一覧ページへ戻る]

▲ページTOPへ

[プライバシーポリシー] [特定商取引法に基づく表示] [お問い合わせ]